声の仕事がしたい人へ|憧れの羨望を受けるキッズモデルになるには

憧れの羨望を受けるキッズモデルになるには

声の仕事がしたい人へ

マイク

基礎を学ぶ

声優の仕事をするためには、オーディションに合格して、声優事務所に所属しなくてはなりません。しかし、いきなり素人がオーディションを受けても、合格する可能性は極めて低いです。したがって、まずは声優専門学校か、声優事務所が運営している養成所に入って勉強することから始めるべきです。専門学校では、基礎的なことを時間をかけて学ぶことができます。演技経験やボイストレーニングを受けたことがない人にはうってつけです。しかし、専門学校を卒業しても、その後に声優事務所の養成所に入り直すというケースが多くあります。 プロの声優のプロフィールに出身養成所の記載があるように、声優への近道は実績のある養成所に入ることであるといえます。

事務所に所属するために

声優事務所のオーディションは書類審査と面接・実技審査から成り立っています。書類審査においては、声の仕事に対する情熱を文章でアピールする必要があります。また、個性が明らかになる特技や長所を書いて、他の人との違いを強調するのもよいです。面接では、人間性やキャラクターを審査されます。質問に対する受け答えを丁寧にするなど、礼儀に気を付けなければなりません。実技審査では、実際に映像を見ながら台本を読むことが行われます。発声方法や役柄に対する柔軟性など、技術的な面を審査されます。また、台本の内容をきちんと理解できているか、漢字を正確に読めるかといった、基礎的な国語力も審査の対象となります。したがって、オーディションを受ける前に、普段から読書をする習慣をつけておくとよいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加